FastingをやるならBMIで確認を!

日本の女性は、世界的に見て細すぎ傾向にあると言われています。

特に若い娘さんは傍から見たら全然太ってなくても、私は太り気味、細くなりたい!と思いがちだとか。

太り気味でないし、見た目も細い感じでも自分は太目と思ってしまうのは危ないです。

拒食症になったら、いざとなって食物をきちんと摂取しようとしても身体が拒否反応を起こし食べられなくなるのです。

国外の有名なモデルやタレントには、その拒食症が元で亡くなった人もいるのです。

そういった事にならぬよう、ダイエットの際にFastingを利用してみたいなら肥満度チェックのBMIをきちんと計算して実行しましょう。

そのBMIの求め方は、体重kg÷(身長m×身長m)です。

もし156cmの身長で54kgの人は、54÷(1.56×1.56)で約23です。

BMIの数値が19を下回る人はFastingは実施しないほうが良いと注意が出ていますよ。

小学生のように今後思春期や成長期を迎えるような歳の人もFastingはやらない方が良いそうです。

中でも女子は、初潮がこれから迎える段階の為、短期間であっても食事による制限ダイエットとなるFastingはホルモン分泌などにも影響大の恐れがあるのです。

Fastingというのは、従来健康的な身体、美しさを保つために実施するダイエット法です。

なので始める際は、まず自分が細身かどうかというのをこのBMIできちんと割り出してから、無理することなく健全に行ないましょう。

※Fasting実践例の紹介⇒今日から始める“炭酸水ランチ”で簡単Fasting! 六本木ヒルズに期間限定のリラックス空間が登場

Welcome , today is 火曜日, 2016年7月26日